埼玉県テニス協会登録

> 埼玉県テニス協会会員登録及び資格承認等に関する規定
> 埼玉県テニス協会個人登録番号(STA番号)について


埼玉県テニス協会会員登録及び資格承認等に関する規定

埼玉県テニス協会

名称について
本規定においては各団体を以下のように( )内の呼称で呼ぶ。
日本テニス協会(JTA)、関東テニス協会(KTA)、埼玉県テニス協会(STA、本協会)、郡市テニス協会(郡市協会)

  1. 郡市協会に登録された会員は、本協会会員に登録される事が大原則である。実質的に活動している会社、クラブ、サークル等の団体を通して郡市協会に登録する事が好ましいが、個人登録を認めている協会もある。 また、複数の郡市協会に登録できる。
  2. 郡市協会の会員登録は、毎年度3月1日付けをもって当年度の会員(構成人員)とする。そして記名を必須とする。但し転入・転勤・結婚等による場合は、早急に手続きをすれば追加登録ができる。(都市対抗テニス大会においては、出場する郡市に開催年度6月30日以前から「在住」「在勤」している事。)
  3. 県主催大会、行事については本協会の会員でないと参加できない。但し、県民総合体育大会を兼ねている下記大会については県内在住・在勤に限り出場できる。

    大会名
    a) 埼玉県春季・秋季テニス選手権大会(出場資格のある方のみ参加できる)
    b) 埼玉県ベテラン春季・秋季テニス選手権大会(出場資格は問わない)
    c) 埼玉県都市対抗テニス大会
    *埼玉県国体予選会
    *実業団春季・秋季テニス選手権大会

    「ふるさと制度」
    大学生は卒業した学校(中学校・高校)の所在地が埼玉県内にあれば出場できる。都市対抗テニス大会においては卒業した学校の所在地が当該郡市にある事。

  4. 本協会主催大会には、登録している郡市協会のどこからでも出場できるが、郡市協会から選抜された選手、推薦を受けて行事等に参加する会員は、当該郡市協会の会員である事が必要である。
    具体的には都市対抗テニス大会(地区予選・本戦)の代表選手、又、推薦を受けて県大会に出場選手は当該郡市協会の会員である事が必要。
  5. 県協会主催大会への郡市協会からの推薦選手は、複数の郡市協会にまたがって推薦を受ける事はできない。(主たる活動をしている郡市協会が望ましい。)但し、単・複は別々の郡市協会から推薦を受けられる。例えばA、B市の郡市協会に登録している場合、単はA市で推薦を受け、複はB市の推薦を受けられるが、いずれにしても当該郡市協会の決まりに従う。
  6. 本協会主催大会に個人の資格でダブルス出場する場合、それぞれの選手の登録している郡市協会が異なる事は差し支えない。
  7. 本協会の承認を必要とする資格(指導員、審判資格等)を取得または継続するにあたり、本協会の会員である事が必要である。

※「在住」「在勤」の定義

「在住」
会員登録時(当該年度3月1日)に「日常生活」をしている実態があり、埼玉県内に住民票がある事。

「在勤」
会員登録時(当該年度3月1日)に埼玉県内の会社・事業所と雇用契約を結び、現実に通勤して主たる勤務実態(週40時間の半数を超えて勤務)がある事。学生等と短時間、短期間のアルバイト等は「在勤」として認められない。

平成21年12月3日制定
平成25年1月16日一部改正
平成28年度1月4日一部改正
平成31年度1月4日一部改正


『埼玉県テニス協会個人登録番号(STA番号)』 について

郡市テニス協会より記名登録された1個人につき、1つの埼玉県テニス協会個人登録番号を割り当てます。
年度が変わっても旧年度と同じ郡市テニス協会への記名登録があった個人は会員番号を引き継ぎます。
上記以外の番号は永久欠番となります。いったん退会した個人が同じ郡市テニス協会の会員資格を得た場合でも新規に番号を付与します。
STA番号には、氏名、フリガナ、各会員の在住・在勤(在学)・在クラブの区別を登録しており、埼玉県テニス協会主催の大会、講習会、イベント等への申込時に記載が必須です。所属の郡市テニス協会より通知された個人登録番号を大切に保管してご活用ください。
複数の郡市テニス協会に登録されている方は、複数のSTA番号を持つことになります。大会や行事等に参加されるときに適合した個人登録番号をご記入ください。

個人登録番号(STA番号)の説明

●●○○○○○■
●→郡市協会コード
○→整理番号
■→登録区分


1100032H
11→春日部市
00032→個人番号
H→在住

● 郡市協会コードリスト
 東部地区 西部地区 南部地区 北部地区
11春日部市31朝霞市51桶川市71深谷市
12三郷市32入間市52上尾市72行田市
13草加市33川越市53川口市73羽生市
14越谷市34坂戸市54蕨市74東松山市
15八潮市35所沢市55戸田市75鴻巣市
16久喜市36新座市56北本市76秩父郡
17蓮田市37飯能市57北足立郡77熊谷市
18幸手市38富士見市78加須市
19吉川市39ふじみ野市79本庄市
21白岡市41和光市60さいたま市81比企郡
22北葛飾郡42狭山市
43志木市
44日高市
45鶴ヶ島市
46入間郡
■ 登録区分

転居転職等の場合は途中登録できます。急ぎ手続きを済ませて下さい。

H→「在住」埼玉県に在住している
X→「在勤」埼玉県に在住していないが、埼玉県に在勤・在学している
N→「在クラブ」埼玉県に在住在勤でなく、クラブ(サークル)に所属している

※平成31年度より登録区分を簡素化します。